平成30年度 病院指標

トップページ >  病院案内 >  平成30年度 病院指標
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 8 6 17 36 72 102 231 244 74
平成30年4月~平成31年3月に退院された患者様の年齢階級別患者数です。
(DPC対象病棟に入院された患者様を対象としており、DPC対象病棟から他病棟へ転棟した患者様も含みます。)
年齢は入院した時点での年齢で集計しています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
平成30年4月~平成31年3月までの期間は、「DPC準備病院」であったため、集計に必要なDファイルが存在しません。
そのため、平成30年度のこの集計項目については掲載することができませんでした。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 8
大腸癌 - - - - - - 1 8
乳癌 - - - - - - 1 8
肺癌 - - - - - - 1 8
肝癌 - - - - - - 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では脳疾患を中心とした診療を行っているので、5大癌を対象とした治療は行っていません。
集計条件により症例が10件未満の場合”-”で入力しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 - - -
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、普段の社会生活の中でかかる肺炎のことです。
当院では脳疾患を中心とした診療を行っているので、市中肺炎を対象とした症例は多くありません。
集計条件により症例が10件未満の場合”-”で入力しています。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 250 63.46 76.95 5.60
その他 40 96.3 76.5 12.50
脳梗塞に対し急性期の治療を行っております。
また、超急性期(tPA血栓溶解療法)の治療も行っております。
急性期医療だけでなく、回復期リハビリテーション病棟というリハビリテーションを集中的に行う病棟等も備えており、退院まで治療管理を行っています。
平均在院日数が長い理由としては回復期リハビリテーション病棟の入院日数も含むためです。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 28 1.96 43.89 14.29 81.04
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) - - - - -
K1772 脳動脈瘤頸部クリッピング(2箇所以上) - - - - -
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
脳神経外科で最も多い入院手術は、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。
集計条件により症例が10件未満の場合”-”で入力しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
当院は、脳疾患診療を中心に行っています。播種性血管内凝固症候群や敗血症など、入院中の重篤な症例の発生は多くありません。
集計条件により症例が10件未満の場合”-”で入力しています。
更新履歴

このページの先頭へ