通所リハビリテーション事業のご案内

トップページ >  外来診療・診療科 >  通所リハビリテーション事業のご案内

利用対象者

介護保険により介護認定を受けた方が、ケアマネージャーが作成するケアプランに沿ってサービスをご利用できます。

  • 介護認定された方(要支援・要介護の方)
  • 40才以上64才以下の方で特定疾患の方

ご利用になることが決定した場合、重要事項に同意いただいた上で、ご契約になります。その際ご印鑑が必要となります。
なお、かかりつけ医が当院でない場合は、事前に当院までご相談ください。

利用定員

85分の利用を4回実施しています。

〈各時間枠10名 合計40名/日〉

9:00~10:25 定員10名
10:30~11:55 定員10名
13:10~14:35 定員10名
14:40~16:05 定員10名

従業者の職種及び職員数

病院兼務 理学療法士3名
病院兼務 作業療法士3名
病院兼務 言語聴覚士1名

通所リハビリテーションの内容

当通所リハビリテーションは、1時間以上2時間未満の短時間通所リハビリの運営となります。送迎サービスを行っていないため、当通所リハビリに公共交通機関等を利用して自ら通って頂くことで、自立支援を促進し、その人らしい生活を営むことができるよう取り組んでおります。理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が、開始時に利用者さまと目標を共有し、自立して頂くための個人ごとの自主訓練プログラムの実践とセラピストによる20分程度の個別訓練を基本としたリハビリテーションを行います。

通所リハビリテーションの実施例

9:00~9:10 血圧・体温・脈拍測定及び身体状況の把握
9:10~10:20 ①利用者様に合わせた各個別のマシーントレーニンングメニューを提供
ホリゾンタルレッグプレス トーソフレクションエクステンション プレステップ等を使用
②個別リハビリテーション
関節可動域訓練・筋力増強訓練・日常生活動作訓練・応用動作訓練・言語訓練・高次脳機能訓練・社会参加に向けた自立支援訓練・促通反復療法など、利用者様に合わせたプログラムを実施
※基本①②を組み合わせて実施
10:25 終了

営業日及び営業時間

営業日 月~日曜日(祝日は営業する)
営業時間 8:30~17:30
サービス提供時間 9:00~16:05

送迎サービス

当事業所では、送迎サービスを行っておりません。
そのため、要介護の方は「マイナス94単位(往復)/回」させて頂いております。

通所リハビリテーション料 早見表

利用者負担算出方法

地域単価 1単位=10.88円

1. 介護予防通所リハビリテーション費 1時間以上2時間未満(1月につき)

単位数 1割負担 2割負担 3割負担
要支援1
(利用開始日の月から12か月までの間)
2,053単位 ¥2,234 ¥4,467 ¥6,701
要支援1
(利用開始日の月から12か月を超えた場合)
2,033単位 ¥2,212 ¥4,424 ¥6,636
要支援2
(利用開始日の月から12か月までの間)
3,999単位 ¥4,351 ¥8,702 ¥13,053
要支援2
(利用開始日の月から12か月を超えた場合)
3,959単位 ¥4,307 ¥8,615 ¥12,922

加算項目(1月につき)

単位数 1割負担 2割負担 3割負担
運動器機能向上加算 225単位 ¥245 ¥490 ¥734

2. 通所リハビリテーション費 1時間以上2時間未満(1回につき)

単位数 1割負担 2割負担 3割負担
要介護1 366単位 ¥398 ¥796 ¥1,195
要介護2 395単位 ¥430 ¥860 ¥1,289
要介護3 426単位 ¥464 ¥927 ¥1,391
要介護4 455単位 ¥495 ¥990 ¥1,485
要介護5 487単位 ¥530 ¥1060 ¥1,590

加算項目(1月につき)

単位数 1割負担 2割負担 3割負担
リハビリテーションマネジメント加算(A)イ
(同意日の属する月から6か月以内)
560単位 ¥609 ¥1,219 ¥1,828
リハビリテーションマネジメント加算(A)イ
(同意日の属する月から6か月を超えた場合)
240単位 ¥261 ¥522 ¥784

減算項目(1回(往復)につき)

単位数 1割負担 2割負担 3割負担 備考
送迎減算 -47単位
(-94単位)
¥-51
(¥-102)
¥-102
(¥-205)
¥-153
(¥-307)
片道当たり
(カッコ内は往復当たり)

通所リハビリテーションご利用開始までの流れ

  1. 紹介・相談
    担当ケアマネージャー様から、当院事業所 通所リハビリ担当の相談員へご連絡をお願い致します。
  2. 見学・面談
    実際のリハビリの様子を見学して頂いた後、面談にて利用目的や目標等を確認させて頂きます。
  3. 必要書類のお願い
    診療情報提供書の準備をお願い致します。かかりつけの病院で作成を依頼し、当院へ郵送またはご持参下さい。
  4. 検討会議
    診療情報提供書と面談内容を元に検討を致します。結果はケアマネージャー様へお伝え致します。
  5. 外来受診のお願い
    利用中の急変時に当院で対処が出来るように外来受診をお願いします。
  6. サービス担当者会議及び重要事項の説明・契約
    利用者様の自宅に伺い、重要事項の説明と契約を行います。
  7. 利用開始
    担当ケアマネージャー様が作成したケアプラン、利用者様、ご家族の要望を参考に、リハビリテーション計画書を作成し、利用を開始して頂きます。

このページの先頭へ